スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日

2010年もあと僅かです。
道央地区でスペイキャスティング競技会を開催したい、という思いで動いた2010年でしたが
沢山の方の参加、協力を頂きなんとか競技会を執り行うことが出来ました。
皆様ありがとうございました。
来年もこの灯を消すことなく、皆様の御協力を頂き続けていけたらと願っております。

諸事情によりTSCCは本年度を持って会を閉じることとなりました。
こちらのBlogは来年よりナオラマ実行委員会が運営していくこととなります。
スペイキャスティング競技会である「ナオラマ」の情報や、スペイキャスティングについての
諸々をUPしていきたいと思っております。
これまで同様温かい目で見守って頂ければ幸いです。

皆様、良い年をお迎え下さい。
そして来年も良い風が吹きますように!
スポンサーサイト

昨日は川での練習。
追い風が強く吹いたり弱く吹いたり。

基本屋外競技であるスペイキャスティング競技は風の影響を受ける。
円盤投げや槍投げは勿論のこと砲丸投げですら風の影響があるらしい。
それらから比べるとはるかに軽く空気抵抗の大きなフライラインは、風の影響の大きさは想像に難くない。
当然競技会でもラッキーアンラッキーがあるのですが、参加者はそれも含めての競技であると納得している(筈)。

追い風は飛ぶ風である筈だが、それも程度問題であり、強すぎると後ろにラインが伸びずに
そのままシュートに悪影響を及ぼしてしまう。
自分も追い風はちょっと苦手。
これからのシーズンは寒さやガイドの氷結のほかに風の問題もある。
冬は風が強いことが多いのですね。
NAO池は風の影響が少ないのですが、以前書いたように氷に閉ざされています。

そこで川での練習なのですが追い風でラインが勝手に飛んでいってしまう。
ターンだけさせてしまえば風が運んでいってくれるので、良いキャストだったのか風が良かっただけなのか
きちんと判断しないとならない。
お、飛んだ!と思っていたら横から「風です」と冷たいお言葉を頂いたり・・・分かっとるわい!(笑)
飛ぶラインを見るのは確かに気持ちいいのだが、スイープが悪くて無理やり前でキャストするので手の感覚は気持ちよくない。
スイープの練習と自分を納得させるのだが、気持ちよく投げたいですねえ。

結氷

競技会会場であり練習場でもあるNAO池が最近の寒波で結氷してしまいました。
来週は気温が緩む予報ですが、多少の気温上昇では解氷するのは無理と思われますので、
これからは流水での練習となりそうです。
NAO池での練習は来春までのお預けです。
本州とは違いこちらの地域では冬季の練習が難しくなりますね。
寒いのは当然ですが何よりガイドの結氷が面倒です。
水面に竿を入れてガイドに付いた氷を溶かすのですが、寒さが厳しいときなどは数投で凍ってしまったり・・・。
その氷の所為でランニングラインの痛みも早いです。
ガイドに水を付き難くして凍りつくのを防ぐようなものもあるようですが効果の程は如何なんでしょう?

まあこれからのシーズンもキャスティング練習をするのはごく一部の酔狂な方達だけでしょうが。
でもこのシーズンやるとやらないとでは3~4ヶ月分の差が出来てしまいますからね。
酔狂な皆さんがんばりましょう

IOSCC

来年の1月22~23日に埼玉でスペイ競技会があるようです。

2011 IRUMA OPEN SPEY CASTING COMPETITION

CLAルールに近い方法で行われるようですね。
MAX一発勝負!いいなあ。
スペイキャスティング競技もいろいろな方法があってもよいですね。

DVD

雑誌「Fly Fisher」のDVDが一部スペイキャスターの間で話題になっています。
CLAスペイキャスティングチャンピオンシップに戸澤氏が参戦したもので、世界のトップキャスターの
フルキャストの動画が映し出されています。
戸澤氏は残念ながら決勝には進めませんでしたが、日本にはあまり情報の無かった
CLA大会の様子を紹介して頂いた事は、大きな功績であると思います。
おそらく日本の多くのスペイ遠投好人達が、繰り返しこのDVDを見て研究することでしょう。
自分も拝見してみましたが、感想は「凄い飛距離!」それだけですね(笑)
正直なところ60mという距離は自分では勿論出したこと無いですし(60mどころか
55mもないです)周りでも出す人が居ないので見たことも無く、正に未知の飛距離。
噂では日本でも練習の時には60m出す方が居るとか。是非直接拝見してみたいですねー。
トップキャスターは主にキャロンチーム、同じチームとはいえそれぞれに異なるキャスティングですが
それぞれがスーパーなレベル。恐るべしキャロンチームですね。
マティアスは直接キャスティングを拝見して話もしましたが、年齢を感じさせない正にナイスガイ。
鍛え上げられたアスリートの体から素晴らしいキャストをします。

残念ながらDVDを見ても見えないものがあって、今一番気になっている部分は分からず終い。
こればかりは直接見ないと分かりませんのでやっぱり来年は上尾ですかねえ。
プロフィール

spey555

Author:spey555
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。